義歯(入れ歯)│京都 四条烏丸の歯医者 インプラント・歯周病・義歯・審美歯科の村井歯科医院

地下鉄四条駅・阪急烏丸駅徒歩2分

お気軽にお問い合わせください。

075-212-4618シロイハ

地下鉄四条駅
阪急烏丸駅
から徒歩2分

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)とは

義歯は「人工的な歯」を指す総称で、総入れ歯や部分入れ歯などのように、失った歯を補い、かつ取り外しできる機能を有します。
歯を失ってしまうと、食べ物の咀しゃく、発声、笑うことをためらってしまうなど、普段当たり前のようにしている行動が思うようにできなくなります。義歯を装着することによってそうした悩みから開放され、日常生活の質を高めることができます。義歯は歯の代わりとなるだけでなく、あらゆる場面において助けとなります。

義歯(入れ歯)の種類

欠損した歯の数や場所、材質などによってさまざまなタイプの義歯がありますが、まずは健康保険の適用範囲内か適用範囲外かで大きく2つに分かれます。

総入れ歯

上下どちらかの顎の歯をすべて失った場合に使用する入れ歯です。総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台の上に人工歯を並べたもので、噛み合わせの改善や審美性を回復させる機能を持ちます。普段の生活においては食べ物が噛みやすくなることで栄養摂取の良化、笑顔になれることによるコミュニケーションの向上など、日常の中で変化が生まれます。
総入れ歯は健康保険を適用した場合、材質がプラスチックのもののみとなります。一方、健康保険適用外の総入れ歯はさまざまな材質のものを選べるなど選択肢が広がります。

総入れ歯

部分入れ歯

歯が欠損した箇所の粘膜に人工歯のついた床(しょう)を乗せ、残った自分の歯にクラスプと呼ばれるばねをかけて安定させます。欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。部分入れ歯は前歯、奥歯、両方のものがあり、それぞれ形状は異なりますが、歯が抜けている部分の両側の歯に金属製のばねで固定するという仕組みは変わりません。
保険適用の場合の材質はプラスチックとなり、クラスプは金属となります。保険適用外の場合はさまざまな材質から選べ、また、クラスプを目立たなくするなど審美性を高めることも可能となります。

部分入れ歯

特殊義歯

特殊義歯とは(※一般的に保険外のものを指します)

健康保険を適用して作る入れ歯は素材に制限があるため、使い心地やフィット感などで患者さまのご要望にお応えできない場合があります。一方、健康保険適用外であれば、さまざまな素材や型の入れ歯をご用意できます。より快適に過ごせる入れ歯を選びたいという方はぜひご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

クラスプは「金属のばね」、デンチャーは「入れ歯」のこと。つまり、ノンクラスプデンチャーとは「金属のばねがない入れ歯」という意味になります。
ノンクラスプデンチャーにはさまざまなメリットがあります。まず、従来の入れ歯に比べて非常に薄いため、装着の際にしっかりフィットします。さらに、丈夫な素材を使っているので割れる心配がありません。また、金属のクラスプがないため残っている歯に負担をかけず、入れ歯をしっかり固定できます。金属アレルギー体質の方にも安心してご利用いただけます。

ノンクラスプデンチャー
PAGE TOP
電 話 メール PAGE TOP